日々のことや、小説・漫画・アニメ・ゲームについて語ります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イヴの時間 6話 感想
2009年09月19日 (土) | 編集 |
イヴの時間 最終回を見ました~

まだ公式サイトでは配信されていないので、
ネタバレ有り!
と、注意書きしておきます☆


泣かずにはいられなかったよ・・・

マサキくんの小さい頃の話しから始まりました
テックスの精神は大人だね~
後ろでドアの隙間から覗いているお父さんが怖いです・・・
でも、猫好きの私としては、猫が隙間から覗くのはよくあることだから、ちょっと猫を彷彿とさせて可愛くて良しとします!
マサキくんとテックスは可哀想だけど・・・

お父さんも裁判とかで心に余裕がなかったせいもあると思うのだよ、話すことを禁止した理由は。
穏やかでない心持の時に、ロボットなんかに庇われるなんて、と許せなかったのかな?
大人でも人間だから、正しくないことをしてしまうこともあるさ・・・

そのことでマサキくんの心に傷をつけてしまうことになったが・・・

マサキの心を傷つけた心の負い目を正当化する為に、倫理委員会に没頭してるのかなと思う

喫茶店のイヴの時間には優しい時間が流れてるよね・・・
イヴの時間に来ていた人たちと、リクオの間の壁が全く無いようで嬉しい
サミィがもっとリクオに対して勇気を出せたら良いな~

マサキの気持ちが伝わってきて悲しいです
「無い方が良い」って思い切って家に帰った時、マサキの部屋でジッと立っていたお父さんは何を考えていたのだろう?
自分がマサキだったら、俺の部屋に勝手に入るな!って怒りそう(^^); だって思春期なんだもんv

イヴの時間にマサキがやってきて、自分について話し出して、テックスがオロオロと動きだしたところから、涙が止まりません
マサキくんの辛い気持ちが伝わってきて、その辛さをどうにもしてあげられず、暴言を受けるテックスが可哀想で、涙がダーッって出てきます(・・、)

そこで倫理委員会のロボットがやってきます
視聴者としては、テックス早く危険を知らせて!っとやきもきします
そして、テックスが喋り始めます
テックスが喋る理由を理解する、メチャクチャ聡明なマサキくんで良かった!

倫理委員会のロボットを押し止めて、テックスと必死になって話そうとするマサキくんに、涙がダーダー、ダーダー止まりません(>_<。)

・・・ようやくマサキくんが救われて良かったよ~
マサキくんは、テックスにマサカズくんって呼ばれてたんだね・・・?

マサキくんとテックスが手を繋いで帰るシーンに感動(>_<。。)
テックスを抱えて、イヴの時間に入れてあげる他者の自然な優しさにも感動!

最後の研究所のシーンよく理解出来ませんでした・・・
セトロは人間なの? 何を調べてるの??
イヴの時間は一体どういう喫茶店なの?
ナギさんは死んだ人間なの??
調査結果の"保留"ってどういう意味?
イヴの時間にはどうやって来たの?

リクオくんは最後に「それはまた別のおはなし」ってまとめてるけど、それが気になるよ~!!
まだまだ続いて欲しい!
続きも是非作成して欲しいです!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。